妊婦検診 | 清水レディースクリニック|大阪 堺市 三国ヶ丘 産科 婦人科 女医

JR阪和線・南海高野線 三国ヶ丘駅から徒歩3分

電話番号:072-250-0511

妊婦健診

妊娠初期より、胎児エコーに重点を置き、妊娠経過を詳しく見てゆきます。母体には、専門のカウンセラーが、つねに相談を受け、責任を持って指導しています。

  • 胎児エコー像を初期よりビデオ録画して、ご自宅のテレビで鑑賞していただくことができます。
    VHSのテープをご持参ください。
  • 当院では分娩を取り扱っておりません。

新しいエコー機器を導入しました。
Voluson E10のご紹介

予定日が決まりましたら、分娩される病院に予約をとっていただきます。

ご希望の方には、こちらから、分娩される病院の紹介もさせていただきます。
堺市立総合医療センター大阪労災病院耳原総合病院で分娩される方は、妊娠末期まで同じシステムで検診していただくこともできます。

里帰り分娩を希望される方も、帰省される時期まで検診をしていただけます。お気軽にお申し出ください。

いつごろから検査できますか?
妊娠検査薬は、胎盤性性腺刺激ホルモンに反応しています。
このホルモンは、着床して間もないころから増え始め、1週間ほどすればかなり増えます。検査薬の性能によりますが、最近の検査薬は予定月経ごろには陽性となるように作られていますが、安全をみて、予定月経が過ぎてから1週間と説明書には書かれています。

予定月経日が過ぎても月経がこないとき検査結果が 、
  1. 陽性であれば妊娠している可能性がある。
  2. 陰性であれば、1週間してから再度検査をする。
    • (1)陽性であれば妊娠の可能性がある。
    • (2)陰性の時は1週間して検査する。
      ※陽性であればもちろん妊娠の可能性があります。
陰性の時は婦人科を受診して月経が遅れていることの原因を調べてもらいましょう。
検査結果は絶対に正しいのですか?
検査薬が適正に保管され、使用期限内で、正しく使用された場合には、90%以上正確といわれています。
しかし尿の性状や条件によっては、結果が正しくない場合がないとはいえません。
おかしいと思ったら、必ず婦人科で診察を受けてください。

ページの先頭へ