避妊・緊急避妊 | 清水レディースクリニック|大阪 堺市 三国ヶ丘 産科 婦人科 女医

JR阪和線・南海高野線 三国ヶ丘駅から徒歩3分

電話番号:072-250-0511

避妊・緊急避妊

望まれない妊娠、望まない妊娠を避けるために、また女性が自分のからだを自分で守るためにも、避妊についての正しい知識を身につけてください。

それぞれの方のライフステージに合わせた避妊法のご提案も行っていますので、お気軽にご相談ください。
※緊急避妊薬処方希望の方は、行為後48時間以内に御来院下さい。

主な避妊方法

主な避妊方法
  • 基礎体温:排卵時期を知って避妊を行う方法
  • 膣外射精、コンドーム:精子が膣や子宮内に入らないようにする方法
  • ピル:排卵しないようにする方法
  • IUD:着床しないようにする方法
  • 不妊手術:卵管結紮手術を行い、永久的に避妊する方法
緊急避妊薬って?
できるだけ早い時期に服用することによって、避妊効果が高まります。48時間以内なら妊娠する率(失敗率)は、0-2%だとされています。
副作用はありますか?
ホルモン剤を多くののむための、むかつき(50%)・嘔吐(15%)が多くみられます。これ以外に乳房緊満・頭痛・肝機能異常が起こる場合があります。クスリはできるだけ食後に飲むようにしましょう。
もし妊娠してしまったら?
妊娠してしまっても、胎児への影響は無いとされています。
~実際の飲み方~
性交があってから72時間以内にまず2錠飲み、その12時間後にさらに2錠を飲みます。もし飲んでから3時間以内に吐いた場合には、新しく2錠を飲まないといけません。
※飲み忘れると効果が有りません。忘れず12時間後に残りの2錠を服用してください。
薬を飲んだ後の生理はいつ?
月経周期のいつ服用したかにより出血の時期は異なります。通常7-14日に起こりますが、人によって、異なります。通常の生理予定日に生理が来なかった場合には、念のため妊娠検査を行ってください。
また、新しい避妊法としてIUSをご紹介しています。
月経量の多い方にもおすすめいたします。

ページの先頭へ